lecture:prog2:2020:start

文書の過去の版を表示しています。


*

この科目はハイブリッド授業(オンライン形式と対面形式の併用)として実施します。 対面参加する場合は、Teamsでの申請が必要です。

シラバス:講義方法より

2講時(180分)の授業時間を、講義と実習に分けて実施します。講義はオンライン授業を基本とします。 実習では、与えられるプログラミング課題に独力で取り組みます。実習時間は、対面とオンラインのいずれかの方法でTA(ティーチング・アシスタント)からのアドバイスを受けることができます。講義、演習ともにキャンパス内での受講が可能です。

シラバス:履修上の注意より

講義部分を含めて、各自のPCを操作してもらいながら解説を行うことがあります。インターネットに常時接続されたPC環境を準備してください。 (補足:自宅等に常時接続の環境がない場合は、大学キャンパス内で受講することもできます。)

龍大Teams

この科目に関する連絡・各種オンライン対応は、龍大Teams を利用します。以下のリンクから必ずチームへ参加をリクエストし、科目チームへ参加してください。

科目 プログラミング及び実習II(計算機基礎実習II) 後期木45

授業形式

前半の講義部分は下記の龍大Teams上のオンライン講義として実施します。4講時開始時間の15:20に、Teamsの科目チーム内での指示に従ってください。

後半の演習部分(おおよそ5講時17:05以降)は各自で演習課題に取り組みます。演習時間中はオンライン、または、瀬田キャンパス 1-609/608 実習室にて対面でのTAのサポートを受けることができます。

瀬田キャンパス内での受講

前半講義部分のオンライン講義の受講は、瀬田キャンパス 1-609/608 実習室を利用することができます(ただし12月初旬まで、それ以降は検討中)。また、後半5講時以降の演習部分では、すべての開講時に 1-609/608 実習室を利用することができます。ただし、三密回避と対面でのサポートを行うTA配置のために、当面のあいだ、この科目での実習室利用は予約制とします。各回の実習室利用予約は、Teamsの科目チーム内で案内します。

実習回 日付 内容 講義資料 演習課題
第1回 9月24日(木) イントロ、Cプログラミング環境の構築、シェルコマンドの操作 第01回(印刷用) ex00 / ex01
第2回 10月1日(木) Cプログラムのコンパイル、Cプログラミングの復習 第02回(印刷用) ex02
第3回 10月8日(木) C言語の関数(main()関数とreturn文)、変数型(整数型、浮動小数点型、void型) 第03回(印刷用) 演習問題03
第4回 10月15日(木) 文字型、書式付き入出力、繰り返し処理、標準ライブラリ 第04回(印刷用) 演習問題04
第5回 10月22日(木) defineマクロ定義、配列変数 第05回(印刷用) 演習問題05
第6回 10月29日(木) 二重の繰り返し、配列変数の応用(統計量、ソート、数え上げ) 第06回(印刷用) ex06 演習問題06
第7回 11月5日(木)
第8回 11月12日(木) このへんでプログラミング試験(小テスト)を予定
第9回 11月29日(木)
第10回 11月26日(木)
第11回 12月3日(木)
第12回 12月10日(木)
第13回 12月17日(木)
第14回 1月7日(木)
第15回 1月14日(木) このへんでプログラミング試験(小テスト)を予定
  • lecture/prog2/2020/start.1603667470.txt.gz
  • 最終更新: 2020/10/26 08:11
  • by sano