Homebrew をインストール

% ruby -e "$(curl -x cache.st.ryukoku.ac.jp:8080 -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
  • git のプロキシ設定
    % git config --global http.proxy http://cache.st.ryukoku.ac.jp:8080

ODE のインストール

  1. slab リポジトリを追加
    % brew tap sanoakr/slab
  2. ODE with drawstuff をインストール
    % brew install ode-drawstuff

デモもコンパイルする場合は

% brew install ode-drawstuff --enable-demos
  1. デモは /usr/local/Cellar/ode-drawstuff/0.13/demo に置かれる
  2. テクスチャ画像は /usr/local/Cellar/ode-drawstuff/0.13/share/drawstuff/textures に置かれる

ODEの作業環境

  1. 適当な作業ディレクトリを作成する。ODEのデモを例にして、この作業ディレクトリでODEを使ったプログラムをコンパイルできるようにする。
    % mkdir ~/myODE
  2. デモのソースを適当にコピー。
    % cp  /usr/local/Cellar/ode-drawstuff/0.13/demo/demo_buggy.cpp ~/myODE
  3. テキスチャ画像を定義しているヘッダファイルもコピー。
    % cp  /usr/local/Cellar/ode-drawstuff/0.13/demo/texturepath.h ~/myODE

    この中で #define されている DRAWSTUFF_TEXTURE_PATH をテキスチャ画像が置かれている上記のディレクトリに書き換えておきます。

    #define DRAWSTUFF_TEXTURE_PATH "/usr/local/Cellar/ode-drawstuff/0.13/share/drawstuff/textures"
  4. 以下の内容を Makefile として作業ディレクトリに。TARGET は適宜変更。make TARGET=demo_crash とかでも。
    Makefile
    CC = g++ -O2 -Wall
    TARGET = demo_buggy
    OBJS   = $(TARGET).o
    SOURCE = $(TARGET).cpp
     
    ODE_LIBS = $(shell ode-config --libs)
    ODE_INCLUDE = $(shell ode-config --cflags)
     
    DS_LIBS = $(shell pkg-config --libs drawstuff)
    DS_INCLUDE = $(shell pkg-config --cflags drawstuff)
     
    all:$(TARGET)
     
    $(TARGET):$(OBJS)
    	$(CC) -o $@ $(OBJS) $(ODE_LIBS) $(DS_LIBS)
     
    $(OBJS):$(SOURCE)
    	$(CC) -c $(SOURCE) $(ODE_INCLUDE) $(DS_INCLUDE)
     
    .PHONY: clean
    clean:
    	rm $(TARGET) $(OBJS) *.*~ *~
  5. 作業ディレクトリで make して、デモプログラムが動作すれば準備完了。
  6. TARGET を書き換えて自分のプログラムをビルドできることを確認します。
  • info/odehomebrew.txt
  • 最終更新: 2018/03/29 22:24
  • by sano