//準備中です。

レポート課題その1について

テーマ

レポート1:「オリジナルなサーバ・クライアント通信プロトコルを設計する。」

含むべき内容

  1. 通信プロトコルの名称
    • 目的や特徴が分かる簡単な名称を付けて下さい
  2. 通信プロトコル設計の概要
    • 目的:どのような状況で、どのような通信を行うことを目的としているか
    • 特徴:どのような設計上の制限や工夫などがあるか
  3. 通信プロトコルの設計仕様
    • 送信/受信データの仕様:送信データとしてどのような文字種やデータ量がゆるされるか、送信データに対してどのような意味で、どのようなデータが返されるか、など
    • エラー時の応答など(もしあれば):仕様と異なるデータ送信に対して、どのような処理と返信が行われるか、など
    • プロトコルの仕様は「積算プロトコル」などの既存のプロトコルを参考にしたり、送受信の文字列などを図や表などにまとめるなど、読む人にとって理解し易い工夫をしてください。

提出方法

  • PDF形式の電子ファイルとして作成し、manaba コース(応用プログラミング及び実習) より提出して下さい。
  • PDF形式のファイルの作成は一般のアプリケーションの他、全学認証を使ってのGoogle Documentなどでも作成可能です。
  • 提出ファイル名は「プロトコル名.pdf」(例:積算プロトコル.pdf、addup.pdf など)として下さい。
  • レポートは12月20日12:30より提出可能です。
  • 提出されたレポートが課題の趣旨に沿っていない場合は、再提出を要請する場合があります。その場合、再提出は manaba で指示します。

//mailto:sano+[[report@slab.math.ryukoku.ac.jp|sano+report@slab.math.ryukoku.ac.jp]] 宛に電子メイルで提出して下さい。 //-電子メイルの件名(Subject)は、「apro report1」 とします。 //-提出ファイル名は全て半角英数字で「apro1-学籍番号+氏名.pdf」(例:apro1-t09000+SanoAkira.pdf)とします。 //-提出するPDFファイルをワープロなどから直接作成することが難しい場合は、セルフラーニング室のスキャナを利用して冊子レポートからPDFファイルを作成し、電子メイルにて提出して下さい。

  • 提出された「レポート1」は、manaba 上で「レポート1」を提出した全ての受講者にそのまま開示されます。

提出〆切

  • 2016年12月27日(火)23:59 まで

評価方法:以下のような観点から総合的に判断 10点

  • レポートとしての体裁
    • 上記内容が含まれているか?
    • きちんとした日本語が書かれているか?
  • プロトコルの内容
    • 通信プロトコルがきちんと与えられており、プログラムが設計可能な仕様として与えられているか?
    • 通信プロトコルに個性的な内容や工夫が見られるか?
    • その通信プロトコルはネットワーク上でに実装される意義はあるか?
      • ネットワーク通信を使わないと実現できないことか?
      • ネットワーク通信を使うことで何か便利になっているか?

評価点

= 評価 : **0〜10点**
= 未提出による減点 : **-10点**
= 減点法 : 
  * 同じ内容だと見なされるレポートについては、同じレポートの人数を n として 1/n 倍した点数を満点として評価します。
  * ただし、複数のレポートがたまたま類似のテーマを扱うこともあるでしょう。仮に同様の内容であったとしても、レポート内容や設計されたプロトコルから独自のものと判断できるケースでは、通常通り(1/n しないで)評価します。**したがって、独力で作成する限りはこの減点法を気にする必要はありません。**
  * 再履修の学生が、**以前に提出した自分のレポート(とほぼ同様のもの)**を提出した場合には、この「同じだと見なされる」減点対象とはしません。ただし、大きな変更が無いままで提出されたものは、独自性などの部分で評価が大きく下がると考えて下さい。

レポート作成の注意事項

過去のレポート提出でよくあった間違いについて記しておきます。

= プロトコルの設計仕様とプログラムの設計仕様を取り違えている : 

「プロトコルの設計仕様」では、どのようなクライアント送信に対してどのようなサーバ応答が行われるかという「通信の形式的ルール」を設計して記述します。 クライアントからの送信、あるいはサーバからの返信をプログラムとしてどのように実現するか(プログラムの設計仕様)は、プロトコルの仕様に含んではいけません。 通信の形式的ルールとは、たとえば講義で例示された「積算プロトコル」のようなものです。「積算プロトコル」には通信手順のみで、その実現方法は含まれていません。 「プログラムの仕様」を書いてくる人がとても多いです。

= プロトコル設計の概要で、プロトコルの目的ではなくレポート作成の目的を書いている : 

「目的:ネットワークプログラミングを理解するため」とか「目的:応用プログラミングの単位を取得するため」みたいな例が散見されました。設計するプロトコルの役割や利用方法など、プロトコルの目的を書いて下さい。

= 過去に出されたレポートのコピーを提出する : 

論外ですが、過年度の先輩や同級生のレポートを借用して提出する人がいました。このような場合、未提出扱い、あるいは大幅な減点を行ないますが、そもそもチェックが面倒なのでやめてくれ。

  • lecture/apro/2016/report1.txt
  • 最終更新: 2019/09/23 13:50
  • by sano