lecture:apro:2019:ex3

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
lecture:apro:2019:ex3 [2019/12/03 10:06]
sano ↷ lecture:apro:private:ex3 から lecture:apro:2019:ex3 へページを移動しました。
lecture:apro:2019:ex3 [2019/12/03 10:07] (現在)
sano
行 15: 行 15:
   - httpServer2.py の動作を確認するために server.html の他に幾つかの HTML ファイルを作成し、コマンドラインオプションで返信データを変更できることを確認しなさい。(呼び出されるファイルは、httpServer.py と同じディレクトリにあることが仮定されています。)   - httpServer2.py の動作を確認するために server.html の他に幾つかの HTML ファイルを作成し、コマンドラインオプションで返信データを変更できることを確認しなさい。(呼び出されるファイルは、httpServer.py と同じディレクトリにあることが仮定されています。)
   - server.html は Webブラウザが表示できる HTML というマークアップ言語で書かれている。HTML ファイルの書き方やフォーマットは各自で調べなさい。   - server.html は Webブラウザが表示できる HTML というマークアップ言語で書かれている。HTML ファイルの書き方やフォーマットは各自で調べなさい。
-  - <wrap em>httpServer2.py の動作が確認できたら、TA予約を行いTAの指示に従いなさい。</wrap>+//  - <wrap em>httpServer2.py の動作が確認できたら、TA予約を行いTAの指示に従いなさい。</wrap>
  
 **実行例1:ポート番号のみ指定** **実行例1:ポート番号のみ指定**
  • lecture/apro/2019/ex3.txt
  • 最終更新: 2019/12/03 10:07
  • by sano