lecture:jiko:2018apro

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
lecture:jiko:2018apro [2019/09/23 12:54]
sano ↷ 移動操作に合わせてリンクを書き換えました。
lecture:jiko:2018apro [2019/09/23 13:49] (現在)
sano ↷ 移動操作に合わせてリンクを書き換えました。
行 10: 行 10:
   * 合格者数/不合格者数/辞退者数:**69/31/3**   * 合格者数/不合格者数/辞退者数:**69/31/3**
   * 合格率/不合格率/辞退率:**0.67/0.30/0.03**   * 合格率/不合格率/辞退率:**0.67/0.30/0.03**
-{{lecture:apro:2018:result:apro-total_2018.png?300}} +{{lecture:apro:result:apro-total_2018.png?300}} 
-{{lecture:apro:2018:result:apro-total_2016.png?300}}+{{lecture:apro:result:apro-total_2016.png?300}}
 == コメント == == コメント ==
   * 今年度より、プログラム言語を昨年度までのC言語から Python に変更しました。新しい言語を学ぶことになりましたが、全体的にはそれを楽しんでもらえたように感じます。一方で、従来のプログラミング科目で利用していたC言語と異なるため、とくに再履修の受講生に戸惑いがあったようです。   * 今年度より、プログラム言語を昨年度までのC言語から Python に変更しました。新しい言語を学ぶことになりましたが、全体的にはそれを楽しんでもらえたように感じます。一方で、従来のプログラミング科目で利用していたC言語と異なるため、とくに再履修の受講生に戸惑いがあったようです。
   * 後半については、Python を利用することでプログラミングコードが簡素化され、ネットワークプログラミングの本質的な部分の理解に時間が使えたように感じます。   * 後半については、Python を利用することでプログラミングコードが簡素化され、ネットワークプログラミングの本質的な部分の理解に時間が使えたように感じます。
  • lecture/jiko/2018apro.txt
  • 最終更新: 2019/09/23 13:49
  • by sano