差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

lecture:jiko:2018kiso2 [2019/04/22 13:14]
sano 作成
lecture:jiko:2018kiso2 [2019/04/22 14:11] (現在)
sano
ライン 11: ライン 11:
 {{lecture:​kiso2:​result:​kiso2-total_2018.png?​300}} {{lecture:​kiso2:​result:​kiso2-total_2018.png?​300}}
 == コメント == == コメント ==
-  * +  * 実習は、復習・基本課題の自習(40分程度)、講義(1時間程度)、演習課題の自習(1時間半程度)といった構成とした。プログラミングが得意な受講者にとっては、最初の40分間は長すぎて時間を持て余しており、何らかの修正が必要。 
 +  * 実際にプログラミングを行う状況を踏まえ、教科書・参考書やWeb検索、また自分自身で作成した過去のプログラムソースを再利用することを奨励する形式での演習・試験を実施した。実習室のPCを利用しての試験も大きな混乱もなく実施可能であったが、キャパシティ(受講者と実習PCの台数)にあまり余裕がない点に配慮が必要である。また、BYOD実施後の運用方針の検討を要する。
  
  • lecture/jiko/2018kiso2.txt
  • 最終更新: 2019/04/22 14:11
  • by sano