差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

lecture:jiko:2019sjseminar [2020/04/09 16:41]
sano 作成
lecture:jiko:2019sjseminar [2020/04/09 17:06] (現在)
sano
ライン 2: ライン 2:
 === 数理情報セミナー(数理3年次):佐野彰 === === 数理情報セミナー(数理3年次):佐野彰 ===
 == 実施内容 == == 実施内容 ==
-  * iOS および Android 上のスマホアプリの作成 +  * iOS のスマホアプリの作成 
-  * 開発用のプログラミング言語(Swift、Kotlin)と開発環境(Xcode、Android Studioの学+  * 開発用のプログラミング言語(Swift)と開発環境(Xcode)を用いたプログラミング実
   * LaTeX による文章作成   * LaTeX による文章作成
-  * 学習内容・制作アプリのスライド作成と発表(飯田研究室と合同)+  * 学習内容・制作アプリのスライド作成と発表(坂井研究室と合同)
 == 成績データ == == 成績データ ==
-受講者3名のうち、合格3名・不合格0名+受講者4名のうち、合格4名・不合格0名
 == コメント == == コメント ==
-  * 受講者が希望するアプリ作成のプラットフォームが iOS と Android ​に分かれたため、受講者ごとに一方を主とつつ他方もべるように双方のプラットフォームを交互に利用して実施した。し自分が主とするプラットフォームの学習手一杯となってまい、両方の並行実施混乱増しだけにったように感じられる。利言語(Swift と Kotlin)類似性がいものの、開発環境(構築手段)にそれぞれに特徴がり、初心者には一方に限定し方が効率が良さそうである+  * 昨年度、Android と iOS を同時並行的実施修効率が分散してしまっ反省今年度はプログラミングのプラットームを1つ限定た。 
 +  * 学生意欲持って取り組んでくれが、高機能APIを使のハードルは高、開発アプリケーションして完成度不十分でた。
  
  • lecture/jiko/2019sjseminar.txt
  • 最終更新: 2020/04/09 17:06
  • by sano