差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

lecture:jiko:2019tokken [2020/04/09 16:41]
sano 作成
lecture:jiko:2019tokken [2020/04/09 17:01] (現在)
sano
ライン 2: ライン 2:
 === 特別研究(数理4年次):佐野彰 === === 特別研究(数理4年次):佐野彰 ===
 == 実施内容 == == 実施内容 ==
-  *「無線メッシュ通信を用安否確アプリの開発」 +  *「NAO音声による対話システムの作成
-  *「Pythonによるテキサスホールデポーカーの役判定と勝敗決定」 +
-  *「言語運用能力向上のための通信型ナンプレアプリ」 +
-  *「Structure from Motion による2次元画像から3次元点群復元+
 == 成績データ == == 成績データ ==
-履修者4名のうち合格4名・不合格0+履修者2名のうち合格1名・不合格1
 == コメント == == コメント ==
-就職活動などを考慮してテーマ決定を例年より早めに行ったが、そのことで返って活動が間延びテーマ設定時に想定た到達点届かい傾向が見られ。より細分化した進捗スケジュール管理が必要かもしれない+1名は龍谷祭でのロボット展示も実現することでき意欲的に取り組むこときた。 
 +1名は就職活動不調のため後期からの履修意欲減退まい活動できず不合格とた。
  • lecture/jiko/2019tokken.txt
  • 最終更新: 2020/04/09 17:01
  • by sano