第04回の基本課題

演習課題 ex04-1.c

次のような処理を行うプログラム ex04-1.c を作成し、kiso2コマンドを用いて提出しなさい。

  1. int 型変数 $a1, a2$ を定義し、$a1$ に整数値 65を、$a2$ に文字 ’A' を代入する。
  2. char 型変数 $c1, c2$ を定義し、$c1$ に整数値 66を、$c2$ に文字 ’C' を代入する。
  3. 定義した4つの変数 $a1, a2, c1, c2$ それぞれについて、その値をint型整数とchar型(文字型)として printf() 関数で出力する。

実行例:

t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex04$ ./ex04-1
a1 は整数値なら 65 であり、文字なら A である
a2 は整数値なら 65 であり、文字なら A である
c1 は整数値なら 66 であり、文字なら B である
c2 は整数値なら 67 であり、文字なら C である
printf() 関数で char型を出力するための変換指定子は %c です。

演習課題 ex04-2.c

scanf() 関数を使って2つの整数を int 型変数 $a$ と $b$ に読み込み、printf() 関数を使って $\frac{a}{b}$ の値を実数値として出力するプログラム ex04-2.c を作成し、kiso2コマンドを用いて提出しなさい。

実行例:

t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex04$ ./ex04-2
4 2
4/2 = 2.000000
t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex04$ ./ex04-2
1 2
1/2 = 0.500000
t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex04$ ./ex04-2
2 1
2/1 = 2.000000
t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex04$ ./ex04-2
-3 1
-3/1 = -3.000000
t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex04$ ./ex04-2
-3 2
-3/2 = -1.500000
t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex04$ ./ex04-2
0 2
0/2 = 0.000000
  • lecture/kiso2/2019/base04.txt
  • 最終更新: 2019/10/17 16:50
  • by sano