試験の実施方法

kiso2 コマンドで 「試験」 表示されたファイルは、試験として実施されます。 「試験」 として出題されたファイルもkiso2 コマンド を用いて提出しますが、これらのファイルは試験実施中のみ提出することができます。

試験の実施方法は、以下の通りです。

  1. 端末(ターミナル)上から、kiso2 コマンドに –start-exam オプションを付けて実行kiso2 –start-exam )するこ とで試験が開始されます。表示フォントの関係で見にくいかもしれませんが、kiso2 の後にスペースを開けて –start-exam (先頭のハイフンは2つ 「マイナス・マイナス・start・マイナス・exam」) です。
  2. 試験が開始されると、試験開始のメッセージと共にウェブブラウザで試験用Webページが自動的に表示されます。
  3. 試験の実施中は、端末(ターミナル)上で経過時間と残り時間が不定期に更新され、kiso2 コマンドで「試験」表示されたファイルが提出できます。
  4. kiso2 コマンドで「試験」ファイルを提出する場合は、kiso2 –start-exam で試験を開始した端末(ターミナル)とは別の端末(ターミナル)をもう一つ起動し、その端末で kiso2 コマンドによるファイルの提出を行ってください。
  5. 試験実施中は、不定期にデスクトップ画面のスクリーンショットが取得されます。
  6. 試験の残り時間が100秒を切ると1秒毎のカウントダウンが表示され、残り時間が 0 になると kiso2 -start-exam コマンドと共に試験が終了します。
  7. kiso2 –start-exam コマンドが強制終了されると、そのままでは再度 kiso2 –start-exam を実行できなくなります。操作を誤って強制終了してしまった場合は、速やかに試験監督に申し出て下さい。再度 kiso2 –start-exam コマンドが実行できるようにします。ただし、再起動された kiso2 –start-exam コマンドは、再起動される度に残り試験時間が10分ずつ減るので注意して下さい。
以下の ex05-1.c は「試験」の練習用課題として出題されています。「試験の実施方法」をよく読んで、試験に参加できるようにしておいてください。 現在は、1回の試験時間を5分とし、何度でも試験に参加できるように設定されていますので、繰り返し試験への参加を練習しておいてください。

演習課題 ex05-1.c

次のプログラムは、入力される整数値が 0 より大きく、かつ、入力される回数が 10回未満の間それら値を積算し、0 以下の値が入力されると積算値を printf() で出力し、整数値を入力した回数を return 文で返すプログラムである。 このプログラムと同じ動作をし、do〜while 文の代わりに for 文を用いて書かれたプログラム ex05-1.c を作成し、kiso2 コマンドを用いて提出しなさい。

#include <stdio.h>
 
int main() {
  int a;
  int cnt = 0;
  int sum = 0;
 
  do {
    scanf("%d", &a);
    sum += a;
    cnt++;
  } while ( a > 0 && cnt < 10);
 
  printf("sum = %d\n", sum);
  return cnt;
}

実行例:

t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex05$ ./ex05-1
1
2
3
4
5
0
sum = 15
t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex05$ ./ex05-1
1
2
3
4
5
-1
sum = 14
このプログラムでは、最後に入力された 0 以下の値も加算されます。余裕のある人は、最後に入力される 0 以下の値は加算されないようにプログラムを変更して下さい。
  • lecture/kiso2/base05.txt
  • 最終更新: 2018/10/24 21:19
  • by sano