以前のリビジョンの文書です


ex11-1.c

次の ex11-1.c は、main() 関数に加えて、1つのint型の引数をもつ void型の関数 prnum(int a) を用いた未完成のプログラムソースである。 このプログラムソースに prnum() 関数のプロトタイプ宣言と定義を追加して 0 から 9 までの整数を出力するプログラム ex11-1.c を作成し、kiso2コマンドを用いて提出しなさい。 ただし、以下の未完成なプログラムソースから main() 関数の内容を書き換えてはならない。

ex11-1.c
#include <stdio.h>
 
/* ここに関数 prnum() のプロトタイプ宣言 */
 
int main(void) {
  int i;
 
  for (i=0; i<10; ++i)
    prnum(i);
 
  return 0;
}
 
/* ここに関数 prnum() の定義 */

実行例:

t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex11$ ./ex11-1
0 です。
1 です。
2 です。
3 です。
4 です。
5 です。
6 です。
7 です。
8 です。
9 です。

ex11-2.c

次の ex11-2.c は、main() 関数に加えて、1つのint型の引数をもつ int型の関数 square(int a) を用いた未完成のプログラムソースである。 このプログラムソースに square() 関数のプロトタイプ宣言と定義を追加して 0 から 9 までの自乗の値を出力するプログラム ex11-2.c を作成し、kiso2コマンドを用いて提出しなさい。 ただし、以下の未完成なプログラムソースから main() 関数の内容を書き換えてはならない。

ex11-2.c
#include <stdio.h>
 
/* ここに関数 square() のプロトタイプ宣言 */
 
int main(void) {
  int i;
 
  for (i=0; i<10; ++i)
    printf("%d の自乗は %d です。\n", i, square(i));
 
  return 0;
}
 
/* ここに関数 square() の定義 */

実行例:

t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex11$ ./ex11-2
0 の自乗は 0 です。
1 の自乗は 1 です。
2 の自乗は 4 です。
3 の自乗は 9 です。
4 の自乗は 16 です。
5 の自乗は 25 です。
6 の自乗は 36 です。
7 の自乗は 49 です。
8 の自乗は 64 です。
9 の自乗は 81 です。
  • lecture/kiso2/base11.1543563358.txt.gz
  • 最終更新: 2018/11/30 16:35
  • by sano