差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
lecture:kiso2:ex:ex03-3.c [2018/10/02 14:00]
sano
lecture:kiso2:ex:ex03-3.c [2019/10/04 16:31]
sano
ライン 8: ライン 8:
 実行例: 実行例:
 <​code>​ <​code>​
-t180900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2018/ex03$ ./ex03-3+t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/ex03$ ./ex03-3
 1 1
 a is 1 a is 1
 n=1, m=7 n=1, m=7
-t180900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2018/ex03$ ./ex03-3+t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/ex03$ ./ex03-3
 1234 1234
 a is 1234 a is 1234
 n=1, m=10 n=1, m=10
-t180900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2018/ex03$ ./ex03-3+t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/ex03$ ./ex03-3
 -2 -2
 a is -2 a is -2
ライン 22: ライン 22:
 </​code>​ </​code>​
  
-<WRAP help round 50% center>//​scanf()//​ 関数と//​printf()//​ 関数は、それぞれ返り値としてどのような情報を返しているでしょうか?</​WRAP>+<note tip>//​scanf()//​ 関数と//​printf()//​ 関数は、それぞれ整数(int)型の返り値としてどのような情報を返しているでしょうか?</​note>
  • lecture/kiso2/ex/ex03-3.c.txt
  • 最終更新: 2019/10/04 16:31
  • by sano