差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
lecture:kiso2:ex:ex05-6.c [2018/10/18 19:08]
sano
lecture:kiso2:ex:ex05-6.c [2019/10/21 12:41] (現在)
sano
ライン 1: ライン 1:
 === 演習課題 ex05-6.c === === 演習課題 ex05-6.c ===
 キーボードから三角形の各辺の長さ //a, b, c// を実数値として入力すると、この三角形が直角三角形であるかどうかを判定するプログラム <wrap em>​ex05-6.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__ キーボードから三角形の各辺の長さ //a, b, c// を実数値として入力すると、この三角形が直角三角形であるかどうかを判定するプログラム <wrap em>​ex05-6.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__
-ただし、//​a,​ b, c// の値のいずれかが正の値でない場合、あるいは、三角形を構成できない組み合わせ(たとえば、$a=1,​ b=2, c=3)が入力された場合は、「三角形が構成ない」と出力するものとする。+ただし、//​a,​ b, c// の値のいずれかが正の値でない場合、あるいは、三角形を構成できない組み合わせ(たとえば、$a=1,​ b=2, c=3)が入力された場合は、「三角形でない」と出力するものとする。
  
 実行例: 実行例:
 <​code>​ <​code>​
-t180900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2018/ex05$ ./ex05-6 +t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/ex05$ ./ex05-6 
 +a b c? 3 2 1 
 +三角形ではない 
 +t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex05$ ./ex05-6 
 +a b c? 2 1 0 
 +三角形ではない 
 +t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex05$ ./ex05-6 
 +a b c? 2 3 4 
 +直角三角形ではない 
 +t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex05$ ./ex05-6 
 +a b c? 3 4 5 
 +直角三角形である 
 +t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex05$ ./ex05-6 
 +a b c? 1 2.3 2.4 
 +直角三角形ではない 
 +t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex05$ ./ex05-6 
 +a b c? 6.3 8.4 10.5 
 +直角三角形である
 </​code>​ </​code>​
  
 +<WRAP tip>
 +//a, b, c// の3つの辺の長さが与えられたとき、この三角形が直角三角形となる条件は次のいずれかである。
 +  - $a^2 = b^2 + c^2$ または、$b^2 = c^2 + a^2$ または、$c^2 = a^2 + b^2$
 +  - もっとも大きな値を //a// としたとき、$a^2 = b^2 + c^2$
 +</​WRAP>​
 <WRAP tip> <WRAP tip>
 ===変数の値の交換=== ===変数の値の交換===
  • lecture/kiso2/ex/ex05-6.c.1539857282.txt.gz
  • 最終更新: 2018/10/18 19:08
  • by sano