差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
lecture:kiso2:ex:ex06-2.c [2019/10/26 13:54]
sano
lecture:kiso2:ex:ex06-2.c [2019/10/29 18:07] (現在)
sano
ライン 1: ライン 1:
 === 演習課題 ex06-2.c === === 演習課題 ex06-2.c ===
-キーボードから実数値として角度 //x// の値を度数法(°)で入力すると、そのときの正弦 $\sin(x)$ と余弦 $\cos(x)$ の値を出力することを繰り返すプログラム <wrap em>​ex06-2.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2 コマンドを用いて提出しなさい。__+キーボードから実数値として角度 //x// の値を度数法(°)で入力すると、そのときの正弦 $\sin(x)$ と余弦 $\cos(x)$ の値を小数点以下4桁まで出力することを繰り返すプログラム <wrap em>​ex06-2.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2 コマンドを用いて提出しなさい。__
 ただし、//​x//​ の値として 0 が入力されるとプログラムを終了するものとする。 ただし、//​x//​ の値として 0 が入力されるとプログラムを終了するものとする。
  
ライン 7: ライン 7:
 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-2 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-2
 x? 10 x? 10
-sin(10.000000) = 0.173648 +sin(10.000000) = 0.1736 
-cos(10.000000) = 0.984808+cos(10.000000) = 0.9848
 x? 90 x? 90
-sin(90.000000) = 1.000000 +sin(90.000000) = 1.0000 
-cos(90.000000) = 0.000000+cos(90.000000) = 0.0000
 x? 180 x? 180
-sin(180.000000) = 0.000000 +sin(180.000000) = 0.0000 
-cos(180.000000) = -1.000000+cos(180.000000) = -1.0000
 x? -180 x? -180
-sin(-180.000000) = -0.000000 +sin(-180.000000) = -0.0000 
-cos(-180.000000) = -1.000000+cos(-180.000000) = -1.0000
 x? -270 x? -270
-sin(-270.000000) = 1.000000 +sin(-270.000000) = 1.0000 
-cos(-270.000000) = -0.000000 +cos(-270.000000) = -0.0000 
-x? 405 +x? 504 
-sin(405.000000) = 0.707107 +sin(504.000000) = 0.5878 
-cos(405.000000) = 0.707107 +cos(504.000000) = -0.8090 
-x? 0.1 +x? 0.01 
-sin(0.100000) = 0.001745 +sin(0.010000) = 0.0002 
-cos(0.100000) = 0.999998+cos(0.010000) = 1.0000 
 +x? -0.3 
 +sin(-0.300000) = -0.0052 
 +cos(-0.300000) = 1.0000 
 +x? 1.2 
 +sin(1.200000) = 0.0209 
 +cos(1.200000) = 0.9998
 x? 0 x? 0
 </​code>​ </​code>​
-<note tip>//​math.h//​ で定義される数学関数を利用します。$\pi$ の計算は、自分で適当な精度の $\pi$ の近似値を //#define// を用いてマクロ定数として定義し利用する。あるいは、//​math.h//​ に定義された定数を利用して下さい。</​note>​+<note tip>//​math.h//​ で定義される数学関数を利用します。$\pi$ の計算は、自分で適当な精度の $\pi$ の近似値を //#define// を用いてマクロ定数として定義し利用する。あるいは、//​math.h//​ に定義された定数 ​M_PI を利用して下さい。</​note>​
  • lecture/kiso2/ex/ex06-2.c.txt
  • 最終更新: 2019/10/29 18:07
  • by sano