差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
lecture:kiso2:ex:ex06-5.c [2019/10/26 13:56]
sano
lecture:kiso2:ex:ex06-5.c [2019/10/29 17:53] (現在)
sano
ライン 1: ライン 1:
 === 演習課題 ex06-5.c === === 演習課題 ex06-5.c ===
-キーボードから自然数 //N// と実数 //x// の値を入力すると、$e^x$ のテイラー展開の //N// 項まで $$\sum_{k=0}^N \frac{x^k}{k!}$$ の値を順に出力するプログラム <wrap em>​ex06-5.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__+キーボードから自然数 //N// と実数 //x// の値を入力すると、$e^x$ のテイラー展開の //N// 項まで $$\sum_{k=0}^N \frac{x^k}{k!}$$ の値を順に小数点以下10桁まで出力するプログラム <wrap em>​ex06-5.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__
 ただし、//​N// ​ に 負の値が入力されるとプログラムは何も出力せずに終了するものとする。 ただし、//​N// ​ に 負の値が入力されるとプログラムは何も出力せずに終了するものとする。
  
ライン 9: ライン 9:
 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-5 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-5
 x N? 1 0 x N? 1 0
-k=0: 1.000000+ 0: 1.0000000000
 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-5 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-5
 x N? 1 1 x N? 1 1
-k=0: 1.000000 + 0: 1.0000000000 
-k=1: 2.000000+ 1: 2.0000000000
 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-5 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-5
 x N? 1 9 x N? 1 9
-k=0: 1.000000 + 0: 1.0000000000 
-k=1: 2.000000 + 1: 2.0000000000 
-k=2: 2.500000 + 2: 2.5000000000 
-k=3: 2.666667 + 3: 2.6666666667 
-k=4: 2.708333 + 4: 2.7083333333 
-k=5: 2.716667 + 5: 2.7166666667 
-k=6: 2.718056 + 6: 2.7180555556 
-k=7: 2.718254 + 7: 2.7182539683 
-k=8: 2.718279 + 8: 2.7182787698 
-k=9: 2.718282+ 9: 2.7182815256
 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-5 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-5
-x N? 1.2 9 +x N? 1.2 10 
-k=0: 1.000000 + 0: 1.0000000000 
-k=1: 2.200000 + 1: 2.2000000000 
-k=2: 2.920000 + 2: 2.9200000000 
-k=3: 3.208000 + 3: 3.2080000000 
-k=4: 3.294400 + 4: 3.2944000000 
-k=5: 3.315136 + 5: 3.3151360000 
-k=6: 3.319283 + 6: 3.3192832000 
-k=7: 3.319994 + 7: 3.3199941486 
-k=8: 3.320101 + 8: 3.3201007909 
-k=9: 3.320115+ 9: 3.3201150098 
 +10: 3.3201167161
 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-5 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-5
-x N? -1 9 +x N? -1 10 
-k=0: 1.000000 + 0: 1.0000000000 
-k=1: 0.000000 + 1: 0.0000000000 
-k=2: 0.500000 + 2: 0.5000000000 
-k=3: 0.333333 + 3: 0.3333333333 
-k=4: 0.375000 + 4: 0.3750000000 
-k=5: 0.366667 + 5: 0.3666666667 
-k=6: 0.368056 + 6: 0.3680555556 
-k=7: 0.367857 + 7: 0.3678571429 
-k=8: 0.367882 + 8: 0.3678819444 
-k=9: 0.367879+ 9: 0.3678791887 
 +10: 0.3678794643
 </​code>​ </​code>​
 <​note>​$0! = 0$ としたいところですが、数学では一般的に $0! = 1$ と定義されます。プログラムでは $k==0$ で場合分けするのが簡単です。</​note>​ <​note>​$0! = 0$ としたいところですが、数学では一般的に $0! = 1$ と定義されます。プログラムでは $k==0$ で場合分けするのが簡単です。</​note>​
  • lecture/kiso2/ex/ex06-5.c.txt
  • 最終更新: 2019/10/29 17:53
  • by sano