差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
最新リビジョン 両方とも次のリビジョン
lecture:kiso2:ex:ex06-6.c [2019/11/04 23:07]
sano
lecture:kiso2:ex:ex06-6.c [2019/11/04 23:10]
sano 以前のリビジョンを復元 (2019/10/29 18:18)
ライン 1: ライン 1:
 === 演習課題 ex06-6.c === === 演習課題 ex06-6.c ===
 関西電力の月ごとの電気料金契約「従量電灯A」は、次のような[[https://​kepco.jp/​ryokin/​unitprice/​|料金単価体系]]になっている。 関西電力の月ごとの電気料金契約「従量電灯A」は、次のような[[https://​kepco.jp/​ryokin/​unitprice/​|料金単価体系]]になっている。
-  - 1契約あたりの基本料金は **341.02円**(税込、以下同様)であり、**15kWh** までの電力量ごとの料金はこの基本料金に含まれる(定額である)。 +  - 1契約あたりの基本料金は **334.82円**(税込、以下同様)であり、**15kWh** までの電力量ごとの料金はこの基本料金に含まれる(定額である)。 
-  - **15kWh** を超え、**120kWh** までの電力量ごとの料金は、1kWh あたり **20.32 円** である。 +  - **15kWh** を超え、**120kWh** までの電力量ごとの料金は、1kWh あたり **19.95 円** である。 
-  - **120kWh** を超え、**300kWh** までの電力量ごとの料金は、1kWh あたり **25.80 円** である。 +  - **120kWh** を超え、**300kWh** までの電力量ごとの料金は、1kWh あたり **25.33 円** である。 
-  - **300kWh** を超えた分の電力量ごとの料金は、1kWh あたり **29.29 円** である。+  - **300kWh** を超えた分の電力量ごとの料金は、1kWh あたり **28.76 円** である。
  
 キーボードから一ヶ月に利用した電力量を kWh を単位とする整数値で入力すると、「従量電灯A」で契約した場合の月額電気料金を小数点以下2桁まで(四捨五入して)出力するプログラム <wrap em>​ex06-6.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__ キーボードから一ヶ月に利用した電力量を kWh を単位とする整数値で入力すると、「従量電灯A」で契約した場合の月額電気料金を小数点以下2桁まで(四捨五入して)出力するプログラム <wrap em>​ex06-6.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__
ライン 13: ライン 13:
 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-6 t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/​ex06$ ./ex06-6
 kWh? 1 kWh? 1
-341.02 Yen+334.82 Yen
 kWh? 15 kWh? 15
-341.02 Yen+334.82 Yen
 kWh? 16 kWh? 16
-361.34 Yen+354.77 Yen
 kWh? 120 kWh? 120
-2474.62 Yen+2429.57 Yen
 kWh? 121 kWh? 121
-2500.42 Yen+2454.90 Yen
 kWh? 300 kWh? 300
-7118.62 Yen+6988.97 Yen
 kWh? 301 kWh? 301
-7147.91 Yen+7017.73 Yen
 kWh? 999 kWh? 999
-27592.33 Yen+27092.21 Yen
 kWh? 0 kWh? 0
 </​code>​ </​code>​
  
-<note tip>​プログラムのソースコード中に ​20.32 などの定数を直接書き込むと、コードが読みにくくなり(数字の意味が不明)、修正も行い難く、バグが入り込みやすくなります。//#​define//​ によるマクロ定数定義を積極的に使いましょう。</​note>​+<note tip>​プログラムのソースコード中に ​19.95 などの定数を直接書き込むと、コードが読みにくくなり(数字の意味が不明)、修正も難く、バグが入り込みやすくなります。//#​define//​ によるマクロ定数定義を積極的に使いましょう。</​note>​
  • lecture/kiso2/ex/ex06-6.c.txt
  • 最終更新: 2019/11/04 23:11
  • by sano