差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
lecture:kiso2:ex:ex07-4.c [2019/11/02 20:42]
sano
lecture:kiso2:ex:ex07-4.c [2019/11/04 23:55] (現在)
sano
ライン 1: ライン 1:
 === 演習課題 ex07-4.c === === 演習課題 ex07-4.c ===
-2つの整数 //from, to// の値を入力すると、角度 //x// に対して //from// 度から //to// 度の範囲で20度刻みに $y=\sin(x)$ のグラフをテキスト表示するプログラム <wrap em>​ex07-4.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__+2つの整数 //from, to// の値を入力すると、角度 //x// に対して //from// 度から //to// 度の範囲で10度刻みに $y=\sin(x)$ のグラフをテキスト表示するプログラム <wrap em>​ex07-4.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__
 ただし、グラフの //​x//​軸を端末の縦(列)方向、//​y//​軸を横(行)方向に表示し、$y=\sin(x)$ の値を示すグラフを "​*"​ で、//​y=-1,​ 0, 1// 位置に軸線を "​|"​ で表示し、"​*"​ と "​|"​ が同じ位置に表示表示すべき場合には "​*"​ のみが出力されるものとする。 ただし、グラフの //​x//​軸を端末の縦(列)方向、//​y//​軸を横(行)方向に表示し、$y=\sin(x)$ の値を示すグラフを "​*"​ で、//​y=-1,​ 0, 1// 位置に軸線を "​|"​ で表示し、"​*"​ と "​|"​ が同じ位置に表示表示すべき場合には "​*"​ のみが出力されるものとする。
 また、このプログラムは、//​from,​ to//  の入力とグラフの出力を、//​from < to// である限り何度も繰り返すものとする。 また、このプログラムは、//​from,​ to//  の入力とグラフの出力を、//​from < to// である限り何度も繰り返すものとする。
  • lecture/kiso2/ex/ex07-4.c.txt
  • 最終更新: 2019/11/04 23:55
  • by sano