lecture:kiso2:ex:ex10-6.c

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
最新のリビジョン 両方とも次のリビジョン
lecture:kiso2:ex:ex10-6.c [2019/09/23 13:22]
sano ↷ lecture:kiso2:2019:ex:ex10-6.c から lecture:kiso2:2018:ex:ex10-6.c へページを移動しました。
lecture:kiso2:ex:ex10-6.c [2019/11/22 15:52]
sano
行 1: 行 1:
 === ex10-6.c === === ex10-6.c ===
-正の整数 n の値を入力すると、**全角**のアスタリスク(星マーク) //*// と全角の空白文字(あるいは、半角の空白文字2つ)を使って次のような $(2n+1)\times(2n+1)$ のサイズの模様を出力するプログラム <wrap em>ex10-6.c</wrap> を作成し、__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__+正の整数 n の値を入力すると、**全角**のアスタリスク(星マーク) //*// と**全角**の空白文字(あるいは、半角の空白文字2つ)を使って次のような $(2n+1)\times(2n+1)$ のサイズの模様を出力するプログラム <wrap em>ex10-6.c</wrap> を作成し、__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__
 ただし、n に正の整数以外の値が入力された場合は、何も出力せずに終了するものとする。 ただし、n に正の整数以外の値が入力された場合は、何も出力せずに終了するものとする。
  
 実行例: 実行例:
 <code> <code>
-t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex10$ ./ex09-6+t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex10$ ./ex09-6
 n? 0 n? 0
-t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex10$ ./ex09-6+t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex10$ ./ex09-6
 n? 1 n? 1
  
  *  *
  
-t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex10$ ./ex09-6+t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex10$ ./ex09-6
 n? 2 n? 2
  * *  * *
行 19: 行 19:
 *   * *   *
  * *  * *
-t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex10$ ./ex09-6+t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex10$ ./ex09-6
 n? 3 n? 3
 *  *  * *  *  *
行 28: 行 28:
   * *   * *
 *  *  * *  *  *
-t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex10$ ./ex09-6+t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex10$ ./ex09-6
 n? 5 n? 5
  *  * *  *  *  * *  *
行 41: 行 41:
 *  *   *  * *  *   *  *
  *  * *  *  *  * *  *
-t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex10$ ./ex09-6+t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex10$ ./ex09-6
 n? 12 n? 12
 *  *  *  *  *  *  *  *  * *  *  *  *  *  *  *  *  *
  • lecture/kiso2/ex/ex10-6.c.txt
  • 最終更新: 2019/11/28 17:48
  • by sano