以前のリビジョンの文書です


ex12-2.c

自然数 n の値を入力し、つづけて n 次元ベクトルの要素を実数値として繰り返し入力すると、それまでに入力された n 次元ベクトルの和を出力するプログラム ex12-2.c を作成し、kiso2コマンドを用いて提出しなさい。 ただし、入力された n の値が自然数でない場合は再び n の入力を行うものとし、また、入力された n 次元ベクトルが0ベクトルであればプログラムを終了するものとする。

実行例:

t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex12$ ./ex12-2
n? 0
n? 1
elements? 1
(1.000000)
elements? 2.3
(3.300000)
elements? 3.4
(6.700000)
elements? 0
t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex12$ ./ex12-2
n? 3
elements? 1 2 3
(1.000000, 2.000000, 3.000000)
elements? 1.2 -2.3 -5.6
(2.200000, -0.300000, -2.600000)
elements? -93.1 23.6 54.12
(-90.900000, 23.300000, 51.520000)
elements? 0 0 1
(-90.900000, 23.300000, 52.520000)
elements? 0 1 0
(-90.900000, 24.300000, 52.520000)
elements? 1 0 0
(-89.900000, 24.300000, 52.520000)
elements? 0 0 0.0
実習室のC言語環境では、配列変数の宣言時のサイズ指定に変数を用いることが可能です。
  • lecture/kiso2/ex/ex12-2.c.1569212674.txt.gz
  • 最終更新: 2019/09/23 13:24
  • by sano