lecture:kiso2:ex:ex12-4.c

文書の過去の版を表示しています。


ex12-4.c

テント写像 $f(x)$ は、以下のように定義される区分線形写像である。 $$f(x) = \begin{cases} 2x, & x<\frac{1}{2},\\ 2(1-x), & \frac{1}{2}\le x, \end{cases}$$ 1つの実数を引数としてもち、テント写像 $f(x)$ にしたがって実数値を返す関数 tent() を定義しなさい。

ただし、入力された n の値が自然数でない場合は再び n の入力を行うものとし、また、入力された n 次元ベクトルが0ベクトルであればプログラムを終了するものとする。

実行例:

t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex12$ ./ex12-2
n? 0
n? 1
elements? 1
(1.000000)
elements? 2.3
(3.300000)
elements? 3.4
(6.700000)
elements? 0
t180900@s01cd0542-160:~/kiso2-2018/ex12$ ./ex12-2
n? 3
elements? 1 2 3
(1.000000, 2.000000, 3.000000)
elements? 1.2 -2.3 -5.6
(2.200000, -0.300000, -2.600000)
elements? -93.1 23.6 54.12
(-90.900000, 23.300000, 51.520000)
elements? 0 0 1
(-90.900000, 23.300000, 52.520000)
elements? 0 1 0
(-90.900000, 24.300000, 52.520000)
elements? 1 0 0
(-89.900000, 24.300000, 52.520000)
elements? 0 0 0.0
実習室のC言語環境では、配列変数の宣言時のサイズ指定に変数を用いることが可能です。
  • lecture/kiso2/ex/ex12-4.c.1544523755.txt.gz
  • 最終更新: 2018/12/11 19:22
  • by sano