ex12-5.c

グローバル変数を使わずに ex12-3.c と同じ動作を実現するため、関数 cnt() を次のようにプロトタイプ宣言した。 関数 cnt() をプロトタイプ宣言にしたがって定義し、ex12-3.c と同じ入出力を行うプログラム ex12-5.c を作成してkiso2コマンドを用いて提出しなさい。

cnt.c
int cnt(int);

実行例:

t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex12$ ./ex12-5
n? 999999999
cnt() は 1 回呼び出されました。
t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex12$ ./ex12-5
n? 99999999
cnt() は 20 回呼び出されました。
t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex12$ ./ex12-5
n? 9999999
cnt() は 172 回呼び出されました。
t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex12$ ./ex12-5
n? 99
cnt() は 4880726 回呼び出されました。
t190900@s01cd0542-160:~/kiso2-2019/ex12$ ./ex12-5
n? 9
cnt() は 91538659 回呼び出されました。
  • lecture/kiso2/ex/ex12-5.c.txt
  • 最終更新: 2019/12/07 18:03
  • by sano