差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
lecture:kiso2:ex:ex13-7.c [2019/09/23 13:22]
sano ↷ lecture:kiso2:2019:ex:ex13-7.c から lecture:kiso2:2018:ex:ex13-7.c へページを移動しました。
lecture:kiso2:ex:ex13-7.c [2020/01/08 16:55]
sano
ライン 1: ライン 1:
 === ex13-7.c === === ex13-7.c ===
 大きさ50の整数型の配列変数 data[] が以下のように与えられている。 大きさ50の整数型の配列変数 data[] が以下のように与えられている。
-同じ大きさ50の2つの整数型配列 even[], odd[] を用意し、even[] には data[] の要素のうち値が偶数のもの全てを、また、odd[] には奇数のもの全てを順に代入し、それらを出力するプログラム <wrap em>​ex13-7.c</​wrap>​ を作成して__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__+同じ大きさ50の2つの整数型配列 even[], odd[] を用意し、even[] には data[] の要素のうち値が偶数のもの全てを、また、odd[] には奇数のもの全てを要素番号が小さい方から隙間なく順に代入し、最後にそれらを出力するプログラム <wrap em>​ex13-7.c</​wrap>​ を作成して__kiso2コマンドを用いて提出しなさい。__
  
 <code C> <code C>
ライン 10: ライン 10:
 実行例: 実行例:
 <​code>​ <​code>​
-t180900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2018/ex13$ ./ex13-7+t190900@s01cd0542-160:​~/​kiso2-2019/ex13$ ./ex13-7
 EVEN: 20 76 16 62 0 20 80 58 48 100 34 32 92 90 54 0 58 56 8 90 44 84 28 26 52 6 66 58 70 18 EVEN: 20 76 16 62 0 20 80 58 48 100 34 32 92 90 54 0 58 56 8 90 44 84 28 26 52 6 66 58 70 18
 ODD: 49 25 25 25 85 75 21 87 41 1 83 15 57 81 1 67 69 27 95 67 ODD: 49 25 25 25 85 75 21 87 41 1 83 15 57 81 1 67 69 27 95 67
  • lecture/kiso2/ex/ex13-7.c.txt
  • 最終更新: 2020/01/08 16:55
  • by sano