差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
lecture:kiso2:ex:explain_exam [2019/10/24 11:28]
sano
lecture:kiso2:ex:explain_exam [2019/11/09 02:01] (現在)
sano
ライン 6: ライン 6:
  
 試験の実施方法は、以下の通りです。 試験の実施方法は、以下の通りです。
-  - 端末(ターミナル)上から、__kiso2 コマンドに --start-exam オプションを付けて実行__(//​kiso2 --start-exam//​ )するこ とで試験が開始されます。表示フォントの関係で見にくいかもしれませんが、//​kiso2//​ の後にスペースを開けて //​--start-exam// ​ (先頭のハイフンは2つ 「マイナス・マイナス・start・マイナス・exam」) です。+  - 端末(ターミナル)上から、__kiso2 コマンドに --start-exam オプションを付けて実行__(//​kiso2 --start-exam//​ )することで試験が開始されます。表示フォントの関係で見にくいかもしれませんが、//​kiso2//​ の後にスペースを開けて //​--start-exam// ​ (先頭のハイフンは2つ 「マイナス・マイナス・start・マイナス・exam」) です。
   - 試験が開始されると、試験開始のメッセージと共にウェブブラウザで試験用Webページが自動的に表示されます(本試験でないときは科目ページが表示)。   - 試験が開始されると、試験開始のメッセージと共にウェブブラウザで試験用Webページが自動的に表示されます(本試験でないときは科目ページが表示)。
   - 試験の実施中は、端末(ターミナル)上で経過時間と残り時間が不定期に更新され、__kiso2 コマンドで「試験」表示されたファイルが提出できます。__   - 試験の実施中は、端末(ターミナル)上で経過時間と残り時間が不定期に更新され、__kiso2 コマンドで「試験」表示されたファイルが提出できます。__
  • lecture/kiso2/ex/explain_exam.txt
  • 最終更新: 2019/11/09 02:01
  • by sano