差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
lecture:kiso2:exam16-2018 [2019/01/22 16:31]
sano [問5:exam16-5.c (10点)]
lecture:kiso2:exam16-2018 [2019/01/24 15:10]
sano ↷ lecture:kiso2:private:exam16-2018 から lecture:kiso2:exam16-2018 へページを移動しました。
ライン 216: ライン 216:
 $$a \cos^2\theta + b \sin^2\theta$$ $$a \cos^2\theta + b \sin^2\theta$$
 の値を double型の返り値として返す関数である。 の値を double型の返り値として返す関数である。
-ただし、引数 $t$ は角度 $\theta$ を度数表記した値とする。+ただし、引数 $t$ はラジアン角 $\theta$ を度数表記した値とする。
  
 このような関数 trsqsum() を定義し、$a,​ b, t$ の値を整数として入力すると、上式の値を出力するプログラム <wrap em>​exam16-5.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2 コマンドを用いて提出しなさい。__ このような関数 trsqsum() を定義し、$a,​ b, t$ の値を整数として入力すると、上式の値を出力するプログラム <wrap em>​exam16-5.c</​wrap>​ を作成し、__kiso2 コマンドを用いて提出しなさい。__
  • lecture/kiso2/exam16-2018.txt
  • 最終更新: 2019/01/24 15:10
  • by sano