Visual Studio Code の使い方

Visual Studio Code は、Linux, Windows, Mac など様々なOSで利用できる高機能エディタです。

ターミナル(端末)から Visual Studio Code を起動する

  1. 何も指定せずに起動
    t180900@s01cd0542-160:~$ code
  2. ディレクトリ~/kiso2-2018を指定して起動
    t180900@s01cd0542-160:~$ code ~kiso2-2018

    現在のカレント(ワーキング)ディレクトリを指定して起動

    t180900@s01cd0542-160:~$ code .

  3. ファイル~/kios2-2018/foo.cを指定して起動
    t180900@s01cd0542-160:~$ code kiso2-2018/foo.c

Visual Studio Code の中でターミナル(端末)を開く

  1. VSCode を選択した状態で、画面上部のメニューバーから「ターミナル」→「新しいターミナル」を選択。
  2. Window内で画面が分割され、編集中のファイルと同じディレクトリでターミナルが起動します。

Visual Studio Code から印刷する

  1. 左下の歯車マークから「コマンドパレット」を選択。
  2. Window上部に現れるコマンド入力部に「printcode」と入力。
  3. ブラウザで印刷用のPDFが表示されるので、プリンタを選択して印刷。

おまけ: Ubuntu Linux 上での(日本語)入力の切り替え

  • (Ubuntu 18) キーボード左上の 半角/全角キー で入力モードを切り替え
  • (Ubuntu 14)スペシャルキー + スペースキー で入力モードを切り替え(スペースキー左側のWindowsキーを押しながらスペースキーを押す)
  • デスクトップ上部のメニューバー右端付近にあるアイコンをクリックして入力モードを選択
  • lecture/kiso2/vscode.txt
  • 最終更新: 2019/09/27 19:39
  • by sano