lecture:prog2:awesome

オンラインのデスクトップ録画サービスAweesome Screenshotを利用して、オンライン環境でのプログラミング試験用のデスクトップ録画環境を準備します。試験に利用するPCのWebブラウザ上で動作し、デスクトップ画面・カメラ画像・音声を記録することで、オンライン試験中の不正行為を抑止します。オンライン試験ではAweesome Screenshotによるデスクトップ録画を行った後、録画データの共有リンクを提出することで受験したことが認められます。オンラインでの受験を行う場合は、このページを参考にしてオンライン受験時のデスクトップ画面をきちんと録画できることを確認し、また、録画データのリンクを提出できるように準備して下さい。

Aweesome Screenshotは、Chromium ベースのWebブラウザの拡張機能として動作します。 以下のいずれかのWebブラウザをインストールして下さい。

Microsoft Edge には、レガシー版と最新の Chromium版があるので注意して下さい(新Microsoft Edge登場、レガシー版とChromium版の見分け方は?)。

対応ブラウザから chrome ウェブストアにアクセスして、以下の拡張機能をインストールします。

  1. 拡張機能のインストール時に「Sign in」画面が表示された場合は、@mail.ryukoku.ac.jp 龍大アカウント(Googleアカウント)でサインインします。
  2. また、初回ログイン時には、拡張機能からマイクやカメラへのアクセス許可が求められますので、これらを「許可」します。
  3. 以上で準備完了です。

ブラウザの上部にある Awesome Screenshot のアイコン(レインボーカラーのカメラレンズのアイコン)をクリックすると以下のような設定・録画ウィンドウが表示されます。 オンライン試験では以下の設定を利用します。

  • レコード・キャプチャの別: レコード
  • 録画範囲:画面全体
  • 録画の保存場所:クラウド(無料アカウントでの録画データのローカル保存は5分が上限となります。)
  • マイク音声:オン
  • カメラ映像:オン
  • マイクとカメラのデバイス設定は、各自の環境に合わせて選択して下さい。

以上の設定後「録画開始」ボタンを押すと、画面右下にはカメラ画像が表示され、録画画面の選択ウィンドウが開きます。 選択ウィンドウの「画面全体」で、録画するデスクトップ画面を選択してから「共有」ボタンを押すと録画が開始されます。

macOS では、録画開始時にセキュリティ確認画面が表示されることがあります。「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「プライバシー」>「画面収録」から、利用しているWebブラウザからの画面収録を許可して下さい。

録画が開始されると、Webブラウザの拡張機能アイコンに赤く録画経過時間が表示されます。録画中はWebブラウザを起動したままにしておいて下さい。また、クラウドでの録画時間の上限は2時間です。

録画を停止するときは、Webブラウザの拡張機能アイコンをクリックして「録画停止」ボタンを押します。

録画停止後、Webブラウザは録画データの参照ページに遷移します。参照ページでは、

  1. 録画データの再生(画面中央)
  2. 録画データの共有リンクの取得(右上の「Share your video」から「Generate Sharable Link」)
  3. 録画データのダウンロード

が可能です。無料アカウントでは、クラウド録画されたデータの最新の20個が保存されます。それ以前のデータは自動的に消去されます。

オンライン試験では、このページから取得できる録画データの共有リンクを、指定された方法で提出することとなります。オンライン試験の録画データは、試験担当者が共有リンクから参照するため、指定された期間は消去されないように注意して下さい。

  • lecture/prog2/awesome.txt
  • 最終更新: 2020/10/21 16:07
  • by sano