lecture:prog2:maccc

macOS のC言語開発環境

macOS は Linux開発の元となった Unix系の流れを汲んでいるため、大きな手間なく Linuxライクな開発環境を準備することができます。

macOS 標準のコマンドラインベースのインターフェイスであるターミナル.app を起動します。

起動したターミナル上で以下のコマンドを入力すると、自動的に開発環境のダウンロードとインストールが始まります。

xcode-select --install

もし、すでにインストール済みの場合は、以下のようなエラーが出ますが気にしない。

ターミナル上でccコマンド(C言語コンパイラです)を入力し、

cc

以下のように「エラー:入力ファイルがありません」と言われたら準備完了です。

clang: error: no input files
  • lecture/prog2/maccc.txt
  • 最終更新: 2020/09/11 21:37
  • by sano