lecture:prog2:wsl2cc

Windows10 WSL2 のC言語開発環境

apt install コマンドで、build-essential パッケージをインストールします。

sudo apt install build-essential

ターミナル上でccコマンド(C言語コンパイラです)を入力し、

cc

以下のように「エラー:入力ファイルがありません」と言われたら準備完了です。

Ubuntu Linux に最初から入っている nano というテキストエディタで、試しに簡単にCコードを書いてコンパイルしてみましょう。ただし、実際の演習では、Visual Studio Code などのより高機能なエディタを使うことをお勧めします。

編集したいファイル名を指定して nano を実行します。

nano hello.c


nano が起動したら、適当なCのソースコードを入力してみましょう。


Ctr-O(コントロールキー + O)でファイルに書き込みます。ファイル名を確認してエンターキーを入力します。 Ctr-X で nano を終了します。

cc コマンド(Cコンパイラ)で、ソースファイル hello.c から実行ファイルを作成します。

cc hello.c

cc コマンドは、何も指定をしないと a.out という名前の実行ファイルを作成します。a.out を実行(./ が必要)。

./a.out

a.out が実行され、Hello World! が出力されました。

  • lecture/prog2/wsl2cc.txt
  • 最終更新: 2020/09/11 21:25
  • by sano