Slab sje @1-536

= A: Open Dynamics Engine : 

片山・(小西・吉田)

= B: iOS app. with Swift : 

小西・吉田・(片山)

= C: 独自テーマ : 

大野 (with ODE)


予定とお知らせ

  • ODEを利用して、または iOS アプリとして制作予定の作品案をA4で2-3ページ以上のレジュメにまとめる。
  • レジュメはLaTeXで作成し、必ず作品イメージの図を含んだPDFファイルとして作成する。
  • 内容は、作品タイトル、概要説明、完成イメージ、必要なプログラム要素、特徴やアイデア、予想される問題点、などなど。
  • 11/27(木)の昼までに、SJE共有フォルダにレジュメPDFファイルを置く(ファイル名は誰のものか区別できるように)。
  • 発表は質疑応答を含めて一人あたり最短20分程度を予定。それに見合うだけのできるだけ詳細な内容を用意。

Xcode の実機テスト環境を準備

  1. Apple ID
  • //AppleID を用意し、招待メイルから University Developer Program へ参加してお//
  1. 開発用Macに証明書を入れる。
    • Developer Program に登録済みの証明書を SJE 共有フォルダに置いてあります。
  2. Xcode の Preference → Account から自分の AppleID でログイン
  3. テスト用の実機を登録する
    • デバイスの Identifier を調べてさのにメイルで送る。
  4. Provisioning Profile
  5. Xcode Project の設定

= :Organization Identifire : sje

= :Team : Ryukoku University (Department of Applied...
= :Code Signing Identity : iPhone Developer...
= :Provisioning Profile : sje
- 実機を選択して実行

Homebrew をインストール

% ruby -e "$(curl -x cache.st.ryukoku.ac.jp:8080 -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
  • git のプロキシ設定
% git config --global http.proxy http://cache.st.ryukoku.ac.jp:8080

ODE のインストール

  1. ode-0.13.tar.gz を展開
    % tar xvzf ode-0.13.tar.gz
  2. bootstrap
    % ./bootstrap
    1. たぶんエラーが出るので bootstrap を書き換えて再実行
      # on Mac libtoolize is called glibtoolize
      LIBTOOLIZE=libtoolize
      if [ `uname -s` = Darwin ]; then
          LIBTOOLIZE=glibtoolize
      fi
    2. それでもエラーがでるので Homebrew で libtool をインストールして再実行
      % brew install libtool
  3. configure & make
    % ./configure --enable-double-precision
    % make
    % sudo make install
  4. 動作確認
    % ./ode/demo/demo_なんちゃら
  5. drawstaff は手動インストール
    % sudo mkdir -p /usr/local/include/drawstuff
    % sudo cp include/drawstuff/*.h /usr/local/include/drawstuff/.
    % sudo cp drawstuff/src/.libs/libdrawstuff.* /usr/local/lib/.
  6. テクスチャ画像もコピー
    % sudo mkdir -p /usr/local/share/drawstuff
    % sudo cp -r drawstuff/textures /usr/local/share/drawstuff/.

自分でテキスチャー画像を追加したい場合は、ユーザー領域に置いておくと追加変更が容易。

ODEの作業環境

  1. 適当な作業ディレクトリを作成する。ODEのデモを例にして、この作業ディレクトリでODEを使ったプログラムをコンパイルできるようにする。
    % mkdir ~/myODE
  2. デモのソースを適当にコピー。
    % cp ~/ode-0.13/ode/demo/demo_buggy.cpp ~/myODE
  3. テキスチャの場所を指定しているインクルードファイルをコピー。
    % cp ~/ode-0.13/ode/demo/texturepath.h ~/myODE
  4. インストール時にテキスチャを置いたディレクトリを texturepath.h 内で指定しとく。
    #define DRAWSTUFF_TEXTURE_PATH "/usr/local/share/drawstuff/textures"
  5. 以下の内容を Makefile として作業ディレクトリに。TARGET は適宜変更。

Linux / OSX 兼用です。

CC = g++ -I -O2 -Wall -g TARGET = demo_buggy OBJS = $(TARGET).o SOURCE = $(TARGET).cpp HEADER = texturepath.h LIBS = -L/usr/X11R6/lib INDS = -I. -I/usr/X11R6/include

ifeq ($(shell uname),Linux)

OPTS = -lICE -lSM -lm -ldrawstuff -lX11 -lGL -lGLU -lpthread

endif

ifeq ($(shell uname),Darwin)

XVER = $(shell uname -r | sed -e "s/\.[0-9]*\.[0-9]*//")
ifeq ($(XVER),9) # for 10.5 Leopard
 OPTS = -lm -ldrawstuff -lX11 -framework OpenGL -framework Carbon -framework AGL -lpthread
else # for after 10.6 Snow Leopard
 OPTS = -lm -ldrawstuff -lX11 -framework OpenGL -framework GLUT -lpthread
endif

endif

ODE_LIBS = $(shell ode-config –libs) ODE_INCLUDE = $(shell ode-config –cflags) -DdTRIMESH_ENABLED

all:$(TARGET)

$(TARGET):$(OBJS) $(HEADER)

	$(CC) -o $@ $(OBJS) $(LIBS) $(INDS) $(OPTS) $(ODE_LIBS)

$(OBJS):$(SOURCE) $(HEADER)

	$(CC) -c $(SOURCE) $(LIBS) $(INDS) $(ODE_INCLUDE)

.PHONY: clean clean:

	rm $(TARGET) $(OBJS) *.*~ *~

}}

  1. 作業ディレクトリで make して、デモプログラムが動作すれば準備完了。
  2. TARGET を書き換えて自分のプログラムをビルドできることを確認します。
  • 独自テーマの紹介(大野)
  • 実施方法を決める
  • Copy.com の共有設定

-iOS開発環境の準備

  • Swift と Playground の動作を試す
  • 単純な iOS アプリを作る
  • 顔合わせとテーマ確認
  • Slab テーマ発表会

RIGHT:今日:&counter(today); 昨日:&counter(yesterday); 累計:&counter(total);

  • lecture/sje/2014.txt
  • 最終更新: 2018/03/28 14:03
  • by sano