slab:テーマ一覧

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
slab:テーマ一覧 [2017/03/09 12:25]
127.0.0.1 外部編集
slab:テーマ一覧 [2021/11/19 15:41] (現在)
sano [2021年度]
行 1: 行 1:
 +====== 2021年度(仮) ======
 +  * iBeaconを利用した神社境内案内アプリの開発
 +  * 新型コロナウイルスのRNAアラインメント解析
 +  * 顔認識を用いたブラウザのモーション操作システムの開発
 +  * 画像解析と音声認識を利用した授業動画の自動キャプチャ分割
 +  * 楽譜画像からのギタータブ譜生成システム
 +====== 2020年度  ======
 +  * 「強化学習アルゴリズムPPOとSACの比較と考察」({{slab:テーマ一覧:Abst2020Kawakami.pdf}})
 +  * 「仮想化環境を用いた複数画像からの3次元形状復元」({{slab:テーマ一覧:Abst2020Nakao.pdf}})
 +  * 「Raspberry Piとソケット通信を用いた自動照明点灯システム」({{slab:テーマ一覧:Abst2020Nakanishi.pdf}})
 +  * 「GANを用いた手書き数字画像の生成」({{slab:テーマ一覧:Abst2020Nogami.pdf}})
 +====== 2019年度  ======
 +  * 「NAOを活用した音声認識による対話システムの作成」({{slab:テーマ一覧:Abst2019Ikeda.pdf}})
 +====== 2018年度  ======
 +  * 「無線メッシュ通信を用いた安否確認アプリの開発」({{slab:テーマ一覧:Abst2018Takeuchi.pdf}})
 +  * 「Python によるテキサスホールデムポーカーの役判定と勝敗決定」({{slab:テーマ一覧:Abst2018Itami.pdf}})
 +  * 「言語運用能力向上のための通信型ナンプレアプリ」({{slab:テーマ一覧:Abst2018Ito.pdf}})
 +  * 「Structure from Motion による 2 次元画像から 3 次元点群の復元」({{slab:テーマ一覧:Abst2018Inanami.pdf}})
 ====== 2016年度  ====== ====== 2016年度  ======
   * 「部分領域間の流量関数近似による避難行動シミュレーション」(M)({{slab:テーマ一覧:Abst2016Kouge_ja.pdf}}/{{slab:テーマ一覧:Abst2016Kouge_en.pdf}})   * 「部分領域間の流量関数近似による避難行動シミュレーション」(M)({{slab:テーマ一覧:Abst2016Kouge_ja.pdf}}/{{slab:テーマ一覧:Abst2016Kouge_en.pdf}})
行 32: 行 50:
   * 「プログラミング言語 Erlang の評価」({{slab:テーマ一覧:Abst2011Hagiwara.pdf}})   * 「プログラミング言語 Erlang の評価」({{slab:テーマ一覧:Abst2011Hagiwara.pdf}})
   * 「人間の腕の動作を再現するアームロボットシミュレーション」({{slab:テーマ一覧:Abst2011Tao.pdf}})   * 「人間の腕の動作を再現するアームロボットシミュレーション」({{slab:テーマ一覧:Abst2011Tao.pdf}})
-%%//%%[[http://lethe.math.ryukoku.ac.jp/slab/past/|旧slabの情報]] 
 ====== 2010年度  ====== ====== 2010年度  ======
   * 「多関節モデルにおける強化学習による起立動作の獲得」(M)({{slab:テーマ一覧:Abst2010Asai_ja.pdf}}/{{slab:テーマ一覧:Abst2010Asai_en.pdf}})   * 「多関節モデルにおける強化学習による起立動作の獲得」(M)({{slab:テーマ一覧:Abst2010Asai_ja.pdf}}/{{slab:テーマ一覧:Abst2010Asai_en.pdf}})
行 55: 行 72:
   * 「個体移動を伴うウィルス感染拡散モデル」({{slab:テーマ一覧:Abst2006Kawai.pdf}})   * 「個体移動を伴うウィルス感染拡散モデル」({{slab:テーマ一覧:Abst2006Kawai.pdf}})
   * 「巡回セールスマン問題に対する最適化アルゴリズムの考察」({{slab:テーマ一覧:Abst2006Rika.pdf}})   * 「巡回セールスマン問題に対する最適化アルゴリズムの考察」({{slab:テーマ一覧:Abst2006Rika.pdf}})
-====== 2005年度  ====== +
-国外研究員のため未配属+
 ====== 2004年度  ====== ====== 2004年度  ======
   * 「Java3Dによるグラフ構造の描画」({{slab:テーマ一覧:Abst2004Inaba.pdf}})   * 「Java3Dによるグラフ構造の描画」({{slab:テーマ一覧:Abst2004Inaba.pdf}})
行 72: 行 88:
   * 「ヒューマノイドロボット HOAP-2 のリアルタイム制御」(Tg)   * 「ヒューマノイドロボット HOAP-2 のリアルタイム制御」(Tg)
   * 「顔画像の変換による表情操作」(Tg)\\ (Tg は旧高橋研)   * 「顔画像の変換による表情操作」(Tg)\\ (Tg は旧高橋研)
-====== 2002年度特別研究  ======+====== 2002年度 ======
   * 「MML データの変調プログラム」({{slab:テーマ一覧:Abst2002Hino.pdf}})   * 「MML データの変調プログラム」({{slab:テーマ一覧:Abst2002Hino.pdf}})
   * 「ボートレース結果のデータベース化と解析」({{slab:テーマ一覧:Abst2002Moriya.pdf}})   * 「ボートレース結果のデータベース化と解析」({{slab:テーマ一覧:Abst2002Moriya.pdf}})
   * 「サーバ・クライアントシステムによるネットワーク鬼ごっこゲーム」({{slab:テーマ一覧:Abst2002Nakazawa.pdf}})   * 「サーバ・クライアントシステムによるネットワーク鬼ごっこゲーム」({{slab:テーマ一覧:Abst2002Nakazawa.pdf}})
-====== 2001年度特別研究  ======+====== 2001年度 ======
   * 「ニューラルネットによる表情からの情動認識」({{slab:テーマ一覧:Abst2001Konishi.pdf}})   * 「ニューラルネットによる表情からの情動認識」({{slab:テーマ一覧:Abst2001Konishi.pdf}})
   * 「局所的な線維結合を持つ神経回路モデル」({{slab:テーマ一覧:Abst2001Kimura.pdf}})   * 「局所的な線維結合を持つ神経回路モデル」({{slab:テーマ一覧:Abst2001Kimura.pdf}})
   * 「状態遷移確率モデルに基づく楽曲群の学習と構造分析」({{slab:テーマ一覧:Abst2001KosakiKoba.pdf}})   * 「状態遷移確率モデルに基づく楽曲群の学習と構造分析」({{slab:テーマ一覧:Abst2001KosakiKoba.pdf}})
  
  • slab/テーマ一覧.1489029940.txt.gz
  • 最終更新: 2017/03/09 12:25
  • by 127.0.0.1